からだに必要なビタミンについて基礎的な栄養素と食物繊維の次はビタミンについてです。

 

ビタミンって何だろう?

ビタミンとはたんぱく質、脂質、炭水化物(糖質)、ミネラルと並ぶ五大栄養素の一つと言われています。

ただし、他の栄養素とは違って、エネルギーや体の組織をつくる成分にはならず、他の栄養素がスムーズに働くようにサポートする役割を持っています。

そして、様々な生理機能の維持に努めたり、エネルギーや体組織を作るための代謝に関わっているのです。

三大栄養素の代謝をサポートするのが、ビタミンB1、B2、ナイアシンなど。

抗酸化作用を持つのが、ビタミンA、E、Cなど。

『微量栄養素』とも言われ、必要な量はわずかだけど、その量が満たされないと特有の欠乏症をおこしてしまう。

体内で合成されるのもあるけど、それだけでは不足しているから、食品から摂取する必要があります。

 

微量栄養素とは

三大栄養素と比較すると、少ない摂取量で足りる栄養素ということになります。有機化合物の微量栄養素をビタミン、無機化合物をミネラルといいます。

 

ビタミンの種類について

栄養素として不可欠なビタミンは13種類あり、大きく二つに分けられます。

一つは『脂溶性ビタミン』で、もう一つは『水溶性ビタミン』です。

 

脂溶性ビタミンとは

油に溶けやすく、熱に強いタイプ。ビタミンA、D、E、Kの4種類
これらは、摂り過ぎると肝臓などに蓄積されて過剰症をおこすことがあるので気をつけましょう。

 

水溶性ビタミンとは

水に溶けやすく熱に弱いタイプ。ビタミンB群とビタミンCで9種類あります。
こちらはたくさん摂っても体のなかに貯蔵しておくことができないので、必要分以外はその都度排泄されてしまいます。