からだに必要な栄養素~ナイアシン~栄養素を大家族に見立てると、ビタミンB₁は、一家の大黒柱、ビタミンB₂はお母さんだと話してきました。ナイアシンは、次男といったところでしょうか。三大栄養素から頼りにされている栄養素でもあります。

 

ナイアシンの働きとは

 

ビタミンB₃ともいわれ、お酒が好きな人には必要不可欠なんだよね!

 

 

どーしてかって??

 

 

 

それは、お酒に含まれているアルコールを分解するのがお仕事だから、飲み過ぎて二日酔いになったときに辛さを和らげてくれるのさ。

 

体内のナイアシンが不足した時は、次男のビタミンB₆を呼んで助けてもらうんだよ。

 

お酒好きだけでなく、三大栄養素である炭水化物(糖質)、脂質、タンパク質をエネルギーにかえる時や魚や肉などに含まれるタンパク質が筋肉や皮膚の細胞になるときのサポートもしています。

 

ナイアシンは体内でも作られる

ナイアシンは食品から摂るだけでなく、体内でも必須アミノ酸の一種であるトリプトファンという栄養素からつくることができます。

欠乏症はほとんどみられることはないが、タンパク質やビタミンを摂らない大酒飲みは、ペラグラという皮膚炎にかかったりすることもあるようです。

胃腸の粘膜にも影響をうけるから、胃もたれなども起こりやすくなっちゃうよ。

 

ナイアシンは、熱に強く加熱調理をしてもほとんど壊れることがありませんが、水には溶けやすい特徴があります。

煮て食べる場合には、スープなど煮汁ごと食べられる料理にするとよいです。

 

オススメのお料理はぶり大根

ぶりにもナイアシンをおおく含む魚です。煮汁にも栄養があるので、少し薄めに味付けして煮汁ごと食べるのがおすすめですよ。

 

ナイアシンを多く含む食材とは

カツオ(春どり)刺身5切れ(100g)=19.0mg

タラコ1/2腹(30g)=14.9mg

鶏むね肉(若鶏・皮なし)1/2枚(100g)=121mg

豚レバー80g=112mg

さんま1尾150g(105g)=7.4mg

エリンギ 1パック100g=8.1mg

 

これ以外にもコーヒーや紅茶、ピーナッツにもナイアシンが多く含まれています。

宴会の席では、ナイアシンをたっぷり含んでいるピーナッツを一緒に摂ると良いですよ♬

ナイアシン欠乏症

普段の食事では、ほとんど欠乏することはないと言われていますが、極端な食事制限をするダイエットやアルコールの大量摂取によってナイアシンを失うととても危険です。

ナイアシンが欠乏してしまうと、皮膚炎・鱗屑・下痢・幻覚・幻聴・痴呆・小児の成長障害などが起こる危険性があると言われています。

 

ナイアシンを摂り過ぎるとどうなる?

ナイアシンの過剰摂取は、通常の食生活では過剰分が尿と一緒に排出されるので問題にならないようですが、サプリメントなどによって、大量に一気に摂取することによって過剰摂取になる危険性が高くなります。

ナイアシンの過剰症を発症すると、顔面紅潮や皮膚がかゆくなるというような症状がでます。

また、頭痛・肝機能障害・肌トラブル・下痢・腸けいれん・神経過敏などの症状が出る事もありますが、上記に挙げた症状は個人差があるので、絶対にこれだっていうのはありません。

 

ナイアシンに限らず、過剰摂取はよくないということです。

 

色々と調べていると、ナイアシンに含まれるニコチン酸は、血糖値を上げる働きがあるみたいで、糖尿病の人がナイアシンを摂取することで糖尿病の症状を悪化させる危険性があるということが分かりました。