からだに必要な栄養素~ビタミンB₆~栄養素の家族でたとえるなら長男かな。

タンパク質のサポートをする時は母の力が欠かせないのさ!

 

ビタミンB₆のはたらき

ビタミンB₆は、タンパク質をエネルギーにかえたり筋肉や血液などを作るときのサポートを仕事としています。

 

からだの中でタンパク質が無駄なく使われるようアミノ酸に分解して、そこから他のアミノ酸を合成したり、神経伝達物質などを合成する反応に関わっています。

 

ちょっぴりマザコン要素のある次男ですが、仕事をする際も母のビタミンB₂がいないと元気に活動できないんだって!

 

唐揚げやハンバーグなどに目がないお肉大好きな人やタンパク質を多く摂る人、妊婦中も、不足しないように気をつけないといけません。

 

ビタミンB₆は、皮膚炎を予防することから発見されたビタミンと言われています。

 

腸内細菌によって、一部体内で合成することもできるので、欠乏症にはならないですが、不足しちゃうと肌荒れや口内炎などの肌ドラブルを多く引き起こすことになるかも。

 

また、アミノ酸から脳内ホルモンが合成される際にもビタミンB₆は必要なので、少なくなるとイライラしたり、不眠症の原因にもなります。

 

ビタミンB₆は、水溶性ビタミンで酸に強く、紫外線に弱い性質を持っています。肉類、レバー、マグロ、カツオなどの魚類や穀類に多く含まれています。主食のコメにもビタミンB₆が豊富です。

 

ビタミンB₆が多く含まれる食材とは

一食当たりの含有量(mg)

ブロッコリー 1/4個=60g 0.16mg

サンマ 1尾正味=100g 0.51mg

牛レバー=80g 0.71mg

カツオ=刺身5切れ=100g 0.76mg

マグロ赤身 刺身6切れ=90g 0.77mg

 

 

ビタミンB₆とタンパク質の相性抜群なので、ブロッコリーとゆでたまごでサラダとかもいいですね!