からだに必要な栄養素~ビタミンE~ビタミンEは女性にとって大切なビタミンのひとつです。

どうして大切なビタミンと言われているかって?

 

それはですね・・・

 

ビタミンEは、「若返りのビタミン」=アンチエイジングビタミンとも言われているからです!

 

『活性酸素』って聞いたことあると思うけど、活発な酸素=酸化させる力強い物質で、老化の原因になるということですΣ(゚д゚lll)ガーン

 

この活性酸素が細胞を攻撃すると細胞膜の脂質が酸化して過酸化脂質となって、臓器や皮膚などの老化の原因になります。

 

年齢を重ねる度に、血中の過酸化脂質の量が増加し、腎臓から排泄されずにからだに蓄積されていくから気をつけないといけない。

 

 

なんとなくビタミンEのことを理解できたでしょうか・・・

 

 

『酸化』と言われるとどうですか?

ぴんとこなければ、金属のサビを想像してみましょう。

 

ピカピカの金属も酸化するとボロボロになって汚くなってしまいますよね?
このサビも酸化によって起こる現象なのよ。

 

人間のからだも酸化していくとシミやシワなど見た目の老化だけでなく、体の内側や内臓の老化にもつながっていく。

血管がサビてしまうと血液の流れが悪くなって、頭痛がしたり、肩こりを引き起こす原因だけでなく動脈硬化の原因にもなるよ!

 

ビタミンEは『脂溶性ビタミンとして、細胞膜に存在してて、活性酸素の攻撃から細胞膜を守っている。
でも、体内で生成されるものではないので、食品から摂る必要があります。

 

 

ビタミンEが含まれる食品とは

1食あたりの含有量(mg)

うなぎのかば焼き1串=100g 4.9mg

アーモンド(フライ味付け)10粒=14g 4.2mg

かぼちゃ75g 3.7mg

モロヘイヤ1/2袋=55g 3.6mg

パプリカ赤1/2袋=60g 2.6㎎

 

 

ビタミンE のはたらき

活性酸素の働きを抑えて老化のスピードを緩めてサビにくい体をつくるのに必要なのがビタミンEです。

特に、状瀬にはありがたい効能がたっくさんあります。

 

ひとつは、女性ホルモンの生成を助けて生殖機能を保護します。
生理不順や生理痛の改善、不妊にも効果があるといわれています。

 

年齢を重ねるたびに、気になるのが見た目!

「いつまでも若々しく」

「見た目年齢マイナス5歳!いや10歳」もビタミンEは叶えてくれるかもしれませんね!

ビタミンEが、はたらいてくれるおかげで、お肌の代謝を促してシミ予防や髪の毛の乾燥も防いでくれたり、肌同様に色つやが良くなるんだって!
また、血行をよくする働きもあるから、血液が指先まで回って、冷え症の改善にもつながります。

 

若いうちからビタミンEを意識して摂るようにするといいですね♪

若くないからダメかってことはありません。
いつもの食事にも取り入れて摂ることが大切だということです。

 

 

ビタミンEを効率的に摂るにはどうしたらよいか

ビタミンEは、ビタミンA、D、Kと同じで『脂溶性ビタミン』なので、油脂と一緒に摂取すると吸収力が高くなります。熱や酸に強いので、炒めても成分が損なわれることがない!

同じく抗酸化作用の高い、ビタミンAやCと一緒に摂るのも上手な摂り方といえるでしょう。

 

身近で気軽にビタミンEを摂るならば、アーモンドが良いと思います。
おやつがわりに塩けが少なめのオーガニックアーモンドを食べると良いです。

また、オリーブオイルならサラダや魚料理などに、ちょろっとかけるだけでもOK

オリーブオイルは、品質の良いものを選びましょう。